国税庁 CSVデータ作成方法を公表

今回は少し当サイトとは異色の内容ですが、法人税確定申告時のCSV提出が可能になった事について触れたいと思います。
なおいつもは気にしていないのですが、記事が記事だけに、これが投稿された2018年12月22日時点での情報であることは念頭においてください。

入力文字基準等のレコード詳細が明らかに

国税庁は11月30日、法人税申告書別表等(明細記載部分)及び勘定科目内訳明細書をCSV形式で提出する際の留意事項等をe-Taxのページ上で公表しました。

法人税申告書別表(明細記載を要する部分)等のデータ形式の柔軟化(CSV形式)に係る情報提供について

同別表等および同明細書のCSV作成における入力方法等が明らかになり、ソフトメーカーはこれで開発作業を進めることが出来る。また、一般の法事においても今回示された入力方法等を基に自社のExcelフォーム等の対応を行うことが可能になりました。

標準フォームも1月までに提供予定

大法人の電子申告義務化に伴う申告環境整備の一環で、法人税申告書別表等および勘定科目内訳明細書はExcelデータ等を基に作成できるCSV形式での提出が認められることとなる。今回、そのExcelデータを作成する際に各様式とその項目ごとに異なる”半角”、”全角”の別や入力文字数といった、入力内容の詳細が示されました。

さらに来年1月までには、その入力内容を落とし込んだ標準フォームのデータが公表される予定です。

CSV作成用の標準フォームのイメージ 【預貯金等の内訳書】
レコードの内容および留意事項・イメージ

平成31年5月以後にCSV形式で送信可能の予定

同別表等および同明細書をCSV形式で提出できるのは、31年4月からの予定とされていましたが、システム整備等の関係上、実際にCSV形式での提出が出来るのは31年5月からとなる見込み。

なお、同明細書は31年4月1日以後終了事業年度から改定された新しいものを使用するが、今回、現行の同明細書についてもCSV作成の入力方法等が示されている。例えば31年3月決算法人など、現行の同明細書を使用する場合でも、31年5月以後であればCSV形式で提出することが出来るという。

財務諸表の勘定科目コードの公表は来年に

同別表等と同明細書だけでなく、財務諸表もCSV形式での提出が認められることになる。財務諸表は32年(2020年)4月以降にCSV形式での提出が可能となる予定だが、対応する勘定科目コードや標準フォームは、31年のできるだけ早期に公表される見込みです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

  • ▼お小遣い稼ぎしませんか?▼ 日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

    クレジットカード・FX口座を作るだけで簡単に3万円GETです。一切支出はありません。

COUNTIF VLOOKUP XLSTART SUMIF 無料 印刷 HLOOKUP 変換 バーコード STDEV 図形 COLUMN 検索 SUM 置換 コピペ フロー図 NA() 作業効率UP ワイルドカード 偏差値 条件付き書式 セル選択 グラフ TODAY 日付 DATE 目標 ユーザー定義関数 テンプレート
  • 関西在住の30代サラリーマン。事務職で毎日Excelと戯れています。
    システム導入なんて資金が無い!Excelでなんとかやりたい零細中小の社長さん・事務員さんの力になればと思います。
    詳しいプロフィール


PAGE TOP ↑