INDEX

数式 / 関数

e15-0.png
=INDEX ( 配列 , 行番号 , 列番号 )
指定された行と列が交差する位置にある値またはセルの参照を返します。(Excelの関数説明文より)

サンプル1

e15-1.png

引数 サンプル値
配列 A3:B7
行番号 3 (A3から3行目なので5行目が選択)
列番号 1 (A3から1列目なのでA列が選択)

A3から始まり1列目3行目なのでA5の“c”が表示されます。
列番号が2であれば“う”が表示されます。

サンプル2

e15-2.png

引数 サンプル値
配列 A:A (A列だけ、1列指定)
行番号 6 (列指定なので1行目から始まり6行目が選択)
列番号 省略 (1列のみの場合は省略可能)
(行も同じく1行指定の場合は行番号の引数は省略可能)

A1から始まり6行目なのでA6の“d”が表示されます。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

無料 VLOOKUP クイズ COLUMN コピペ TODAY COUNTIF 配列数式 フロー図 偏差値 バーコード 封筒 テンプレート 印刷 SUM NA() 条件付き書式 標準報酬月額 コンビニ ワイルドカード SUMIF 図形 STDEV チルダ ネットプリント 履歴書 作業効率UP 検索 目標 XLSTART
  • 関西在住の30代サラリーマン。事務職で毎日Excelと戯れています。
    システム導入なんて資金が無い!Excelでなんとかやりたい零細中小の社長さん・事務員さんの力になればと思います。
    詳しいプロフィール


PAGE TOP ↑