エクセルでの ~ ←コイツの役割

tiruda_00.png
そもそも何て読むか知ってますか?
Googleで調べてみました。「チルダ」ですって。
波ダッシュとも出てきましたけどチルダのがカッコいいですし、「ちるだ」変換でちゃんと~が出てきます。
エクセルでこのチルダが何に役に立つのか?

(~o~;)顔文字によく使います。

いえいえ、実は意外と役に立つ奴なんです。

ワイルドカード

チルダの役割の前にワイルドカードは知っていますか?また横文字です。
ワイルドカードとは

検索などの際に指定するパターンに使用する特殊文字の種類で、どんな対象文字、ないし文字列にもマッチするもののことである。カードゲームのワイルドカードに由来する呼称。

(出典:Wikipediaより)

つまり検索する時にワイルドカードを指定すればピッタリ一致していなくても、あいまい検索のような役割をしてくれるのです。

ワイルドカードにはシステムごとに色々あって % ? _ * などがあります。
エクセルでは *(アスタリスク)がワイルドカードになっています。
例えばセルに「エクセル術」という文字があった場合
検索で「エ*術」という風に検索するとこのセルがヒットします。
tiruda_01.png
要はエと術の間は何が来ても検索にヒットするんです。
たとえばエロ術であろうがエ術であろうが、この検索方法だとヒットします。
ちなみにこのワイルドカードはフィルタや置換なんかにも使えます。便利なかわいい奴です。

じゃあチルダは?

ワイルドカードの役割を先に話しましたが、じゃあチルダはどうなの?
実はチルダはワイルドカードを無効にする悪い奴なんです。
セルに「10*5000=50000」という文字があった場合
この掛け算のセルを検索したい時に検索文字で * を指定しちゃうと、ワイルドカード扱いになって全部のセルがヒットしちゃいます。
tiruda_02.png
そこで検索時の*(アスタリスク)をワイルドカードじゃない、ただのアスタリスクとして認識させてやるのです。
その役目がチルダです。
検索に ~* とするとただのアスタリスクがあるセルを検索してくれます。
tiruda_03.png
意外と役に立つ奴と言ったものの・・ワイルドカード>チルダで、正直チルダは負けです。効果的にはチルダのが上位っぽいですが、用途・頻度的にチルダはそれほど使う場面が無いのがホントです。ワイルドカードありきのチルダですしね・・。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

テンプレート ユーザー定義関数 印刷 標準報酬月額 バーコード 図形 条件付き書式 作業効率UP NA() 封筒 XLSTART 目標 コピペ COUNTIF SUM COLUMN STDEV 無料 ワイルドカード 配列数式 グラフ フロー図 偏差値 履歴書 VLOOKUP 検索 ネットプリント クイズ TODAY SUMIF
  • 関西在住の30代サラリーマン。事務職で毎日Excelと戯れています。
    システム導入なんて資金が無い!Excelでなんとかやりたい零細中小の社長さん・事務員さんの力になればと思います。
    詳しいプロフィール


PAGE TOP ↑