関数の挿入にもヘルプにも載っていない関数【DATEDIF】

数式 / 関数 , ,

DATEDIF関数は2つの日付の間の日数、月数、または年数を計算する関数です。

2016/6/26 - 2017/9/26

この間は年数で言うと1年、月数で言うと15ヶ月、日数で言うと457日、という結果を求める関数です。

使い方

https://support.office.com/ja-jp/article/DATEDIF-%E9%96%A2%E6%95%B0-25dba1a4-2812-480b-84dd-8b32a451b35c

Officeのサポートにも記載されています。

引数は 開始日,終了日,単位 となっており開始日は終了日より前でないとエラーになります。

単位というのは年数を返すのか月数か日数かを判断する項目で ”Y” や ”M” というようにダブルクォーテーションと文字で指定します。

 

=DATEDIF(A1,A2,”M”)

とすれば月数、上記の例でいくと15となります。

単位 結果 考え方  
Y 1 2017 – 2016  
M 15 2017/9 – 2016/6  
D 457 2017/9/26 – 2016/6/26  
YM 3 9 – 6 年は無視して月だけで考えた月数
MD 0 26 – 26 月は無視して日だけで考えた日数
YD 92 9/26 – 6/26 年は無視して月日で考えた日数

 

注意点

この関数はOfficeサポートも言っているようにLotus1-2-3(かなり古いソフト)の互換性を保つための関数であり、不具合もあります。

使いようによっては便利なんですが、その辺の不具合も理解のうえ使いましょう。

不具合があるから関数の挿入やExcelのヘルプには載せてないんでしょうね~。そのうち無くなるかもね、この関数。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

  • ▼お小遣い稼ぎしませんか?▼ 日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

    クレジットカード・FX口座を作るだけで簡単に3万円GETです。一切支出はありません。

作業効率UP 印刷 COLUMN テンプレート HLOOKUP バーコード STDEV NA() 偏差値 クイズ TODAY MATCH INDEX SUM フロー図 ユーザー定義関数 VLOOKUP SUMIF 条件付き書式 XLSTART 検索 グラフ 日付 図形 COUNTIF ワイルドカード 無料 目標 DATE コピペ
  • 関西在住の30代サラリーマン。事務職で毎日Excelと戯れています。
    システム導入なんて資金が無い!Excelでなんとかやりたい零細中小の社長さん・事務員さんの力になればと思います。
    詳しいプロフィール


PAGE TOP ↑