駐車場の料金算出 ~改造~

ユーザー定義関数

前回[ 駐車場の料金算出 ~ユーザー定義関数~


前回はユーザー定義関数を作って駐車料金の算出を行いました。

で、依頼者から「分の計算は30分ごとに切り上げて欲しい」との依頼を受けました。


前の定義関数では分の切り捨てと、1分単位での料金算出が出来るように実現していました。


では30分ごとに切り上げに改造~!




考え方

まずこの依頼を受けた時にふと思ったのが、昼時間と夜時間の区別。

例えば19:50~20:10の間駐車した場合、昼料金の時に駐車したのが10分で、夜料金の時に駐車したのが10分・・・
こういう場合にどうするのか?

これはもう、駐車場管理側の定義の問題です。この辺の定義を聞いておかないと計算も出来ないので。

で、結局 昼も夜も別々に切り上げる。との返答を頂きました。

この例のパターンだと昼30分夜30分とするそうです。


コード

これが完成型です。

変更点は黄色文字を追加しました。

意味は、駐車時間が30分より多いか否か。30分より上であれば1時間分の駐車料金、30分以下であれば1時間÷2の駐車料金を計算させています。


あと、分の切り捨てや、分刻みでの計算を廃止しましたので、エクセルで関数を使う時の引数を減らしました。

エクセルのセルに入力する関数は

=Tyuusya(入庫時間,出庫時間)

です。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

NA() 作業効率UP 印刷 コンビニ ワイルドカード バーコード 目標 偏差値 COUNTIF コピペ テンプレート STDEV XLSTART クイズ 履歴書 COLUMN フロー図 SUM ネットプリント 検索 VLOOKUP TODAY 条件付き書式 チルダ 標準報酬月額 図形 封筒 配列数式 無料 SUMIF
  • 関西在住の30代サラリーマン。事務職で毎日Excelと戯れています。
    システム導入なんて資金が無い!Excelでなんとかやりたい零細中小の社長さん・事務員さんの力になればと思います。
    詳しいプロフィール


PAGE TOP ↑