Articles

積み上げグラフに合計値を表示させる

この記事をdel.icio.usに登録する この記事をはてなブックマークに登録する この記事をGoogleブックマークに登録する この記事をYahoo!ブックマークに登録する この記事をdiggに登録する この記事をlivedoor clipに登録する この記事をNewsGattor Onlineに登録する

e29-1.png

グラフでよく使うのが折れ線グラフ、そして棒グラフです。その棒グラフには積み上げ式があり、同列(もしくは同行)の分を縦に積んでいく事ができます。

その時に合計でどれくらいの数字になるのか?
グラフを魅せる時はそういうデータ数字があるほうが見やすいです。



合計値を表に作る

下記のような売上高推移の表があります。グラフを作るにはこれだけの情報で大丈夫なはずです。
e29-2.png


しかし、合計値をグラフにも表示させたい場合には、表にも合計を作る必要があります。

このように合計行も作ります。
e29-3.png



そして合計値も含めて積み上げグラフを作成します。
e29-4.png



するとこんな感じのグラフが出来上がると思います。
A支店・B支店・C支店が積み上がりさらにその上に合計までも積み上がった状態です。

言わば2重積み上げな形です。
e29-5.png


合計グラフは消す

合計のグラフは必要ないので消しますが、合計値という数字だけはほしいのでグラフに含めます。

まずグラフを消します。というか見えなくします。
合計のグラフをクリックすると下図のような選択状態になります。
e29-6.png


他の支店も含んだ選択状態にならないように注意です。合計だけを選択します。

その状態で右クリックし「データ系列の書式設定」を開きます。(もしくはCtrl+1を押せば開けます)
そして塗りつぶししないを選ぶと合計のグラフを消せます。
e29-7.png


消すといっても透明にしただけなのでグラフは存在しています。
そしてまた合計グラフだけを選択した状態で、グラフツールのレイアウトからデータラベルを「内側軸寄り」で表示させるだけです。(下図はExcel2010です。2007も同様の表示方法です)
e29-8.png



するとこのように積み上げの上部に合計値が表示できます。
e29-9.png



合計グラフも含んでの軸最大値になっていますので、積み上げグラフが低いなぁと思ったら、軸の書式設定で最大値を自動から手動で変更してみましょう。
関連記事




この記事をdel.icio.usに登録する この記事をはてなブックマークに登録する この記事をGoogleブックマークに登録する この記事をYahoo!ブックマークに登録する この記事をdiggに登録する この記事をlivedoor clipに登録する この記事をNewsGattor Onlineに登録する

トラックバック一覧

コメント一覧

コメント投稿フォーム
Name
Subject
Mail
URL
Comment

Password
Secret
管理者にだけ表示を許可する

Navigations, etc.

Navigations

ブログ記事を検索

SPONSORS

人気記事ランキング

ブログパーツ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Tweet